Pick Up
Blinkに関することを取り上げていき
Blinkの音楽や、Blinkに対する理解をもっと深めようというごくマジメなコーナー
これによってまたBlinkの新たな面が見えてくるかも・・・


第6回:無期限の活動休止

2005年2月22日、Blink-182公式サイトにてマネージャーのクリス・ジョージンからグループの無期限の活動休止が発表になりました。
公式サイトにて発表になったことを意訳すると、

これまで10年以上Blink-182はツアーやレコーディング並びにノンストップのプロモーション活動を行いながら家族や友人との関係も保ってきたが、
今まで仕事に没頭してきた分やはり大切な人たちと時間を過ごすために、彼らは無期限の活動休止をすることを決定した。
現時点では今後の活動予定を考えていないため、これからのことは誰にもわからない。


つまり、解散ではなく活動休止なんです。でもこのまま解散する可能性もあるし、いつか活動を再開する可能性もあるというわけです。(どちらに流れてもいいように、一方に決め付けたくないため曖昧な表現をしているということです。)

前回のPick Upでは解散説は単なる噂であってほしいと切願していたので、まさかこんな日が来るとは思いませんでした。

これまでの流れを振り返ると、
2月10日 Travisがラジオインタビューで、これからのBlinkの予定を話し、9月に南米および南アフリカでライブが決定したことを明かした。
2月18日 出演予定だったスマトラ沖地震の慈善イベントを急遽キャンセル。→妙に思ったファンがBlink解散説などの噂を流し始めた。(Pick Up第5回参照)
2月22日 Blink-182公式サイトにて無期限の活動休止が発表された。ちなみにこの日FUSEの番組に出演予定だったMarkだが、番組冒頭で彼の出演キャン       セルが伝えられた。

こう見ると、きっと2月10日と2月18日の八日間に話し合いが進められたのではないでしょうか。

活動休止を発表したマネージャーのクリス・ジョージンはファンに詳細の説明を求めるメールを彼に送らないよう頼んでいます。Blinkのマネージャーとしても一ファンとしても、今とても大変な状況にいるようで、詳しいことを明らかにする準備がまだできていないみたいです。時が来たら、今回のことを再び公式サイトで説明すると言っています。

他のサイトは今回のことをどう伝えているのでしょうか?

Yahoo! LaunchではミュージックニュースのトップにBlinkのことを伝えています。記事はこちら。
最後に、「Meet The Barkers(春から放送予定のTravis一家を追ったドキュメント番組)が好評を得たからといって、活動再開が早まるとは期待しないほうがいい。」

MTV.comでは一連の噂騒動と今回の休止について、書いています。記事はこちら。

気になるファンの反応は…

「レコーディングの予定を立てたり、DVDリリースをほのめかしたり、9月のライブも決まってたのに、いきなり活動休止なんて裏切られた…」
と言う人もいれば、
「家族と一緒に過ごすためって言うけど、本当はメンバーがBlinkとして活動するのがイヤなんじゃないか?きっとこのまま解散するよ。」
という大胆な意見もあり、
「悲しいけどファンとしてメンバーの意志を尊重してあげよう。彼らが帰ってくるのをいつまでも待ってて、活動再開後にまたスゴイ音を聴かせてくれるのを楽しみにしていよう。」
など様々です。

私は最後のに賛成です。3人とも子供もできて今では家族がしっかりいるのに、そんな中でレコーディング→プロモーション→ツアーという過酷なスケジュールを休みなしで何年も続けていたらそりゃ疲れちゃいますよね。しかも今はまだ子供が小さいのに一緒にいる時間がないのは、やっぱりツライだろうし。でもミュージシャンとしてこういう仕事をしている限り、大勢のファンを悲しませないでまた戻ってきてほしいです。私はBlinkが大好きだー!